自分の不注意が、いきなり金欠になりました

20代に仙台転勤で一人暮らしをしている時に、お金にこまりました。年末の給料日が給料袋手渡しの会社で、給料日の後の忘年会が事の始まりでした。かなり酔ってタクシーで帰宅したのですが、給料袋がありません。タクシー会社を疑いましたが、わかりませんでした。何ともなりません。
もう20代ですから、そんなに貯金もなく、お金を借りる知恵もありませんので、親に泣きつきました。取り合えずすぐに支払うものは、次の給料日まで大丈夫でしたので、自宅に食べ物の「HELP!」のお願いをして、インスタント食品・米・インスタント味噌汁等、とにかくたくさん食べ物をお願いしました。
そのおかげで、正月は、何とか乗り切る事ができました。もう1月25日まで一日の食べる量をきめて、お金も使わないようにしました。まあ本当にお金がありませんでしたので、給料日まで大変でしたが、正月はどこにも遊びに行かず、テレビを見て悲しくすごしました。
1ヶ月だけでの、寂しい食生活でしたが、それよりも給料袋を紛失した事の方が、「ショック」が大きく正月休みは、かなり落ち込みました。給料日に近くなるうちに「あとO日!!」とテンションが高くなり、あまり苦しい感じもありませんでした。
やはり若い時は、柔軟でしたね。立ち直りも早いですし、段ボールの食品を上から食べていき最後段ボールの底に、封筒の2万円を見つけた時は、泣けました。給料をもらい。仙台名産笹かまぼこに2万円の封筒を入れて送りました。親は、ホント優しいですね。銀行カードローン審査

お金はなぜなくなった?そこでどう考え行動に移せば良いのか

私はこれまでに幾度か金欠になった事があります。金欠になった時、どう乗り切ったのかをお話したいと思います。まず初めに金欠になった時、あなたなら最初に何を考えるでしょうか?私ならこう考えます。それは、なぜ金欠になってしまったのかという原因を考える、という事です。それが解決できれば今後あなたが金欠になる事はありません。最初にするべき行動は自分を見直す事だと思います。しかし、人間とはそう単純な生き物ではありません、頭では分かっていてもできないのが大半です。むしろ出来てる人は金欠になりません。このことは私も今だから言える事です。以前は何度となく同じ過ちを繰り返してきました。そんな時、私が金欠を乗り切った方法、それがせどりです。金欠になる人は大抵物を沢山買っています。故に金欠になります、その沢山家に眠っている物を生き抜く為にお金に換える、それがせどりなのです。せどりをやる上で大事な事はとりあえず出品してみると言う事です、はっきりいっていくらの値が付くかは誰にもわかりません。高価な物でしたらそれなりの値が付きますし、元々安価な物でもそれをほしいと言ってお金を出す人は世の中にたくさんいます。お金を小額でも稼ぐ事ができるとせどりの楽しさがわかってきだします。せどりとは奥がとても深いです、上手にやれば金欠どころか生活費や自分の欲しい物まで買えてしまいます。とても良い循環です。物を買う、そしていらない物は売ってすぐお金に換える。そしてせどりに慣れてくると、売る物を自ら買いに行き、高値で売る、と言う事まで出来てしまいます。金欠になりお金が無くなったときこそ、如何にお金を増やせるか、と言う事が、過ちを繰り返してしまう人にとっての最良の乗り切り方だと、私は自ら経験してみて思いました。消費者金融審査